森博嗣さんの実験的経験は、ジャンルに当てはめるのが難しい種類の作品です。小説でありエッセイであり、あるいはどれでもないという感じで、今までに読んだことがないタイプでした。いろんなものをごちゃまぜにした作品で、一歩間違えれば駄作になってしまうところを確かな筆力で持って傑作に仕上げたものだと思います。

小説のセオリーを壊した文体や皮肉った言葉の数々、森博嗣さんの創作に対する考えなど、ファンには堪らない要素が盛りだくさんです。というよりこの作品はファンでないと楽しめないような気がします。初見でこの話を読めば、なんだこの作家はとなってしまうかもしれません。初心者には勧めるのが難しいです。決して万人受けはしないでしょう。だからこそハマる人はハマる中毒性を秘めているのです。

私はこの作品の中でも作家と編集者の会話が好きでした。実際のところは分かりませんが、作家のモデルは森博嗣さん自身だと感じます。会話の節々に他作品の話がいくつか出てきたので、まず間違いはないと思います。

いろいろと視点が飛んだり、既存の小説にはありえない書き方があったりとしたため、多少読みにくいと感じる部分もありましたが、読み進めていけば慣れてきて気にならなくなってきます。

こんなある意味荒唐無稽とも言える作品は森博嗣さんにしか書けません。というよりこれほどいろいろなものが混ざり合った作品を面白いものにできるのは、森博嗣さんを置いて他にはいないと思います。