絵本を読んであげるのは子どもにとってとても良い事だと思っていても、何を読ませてあげればいいのか。何歳から読ませてあげればいいのか迷っているお父さんお母さんも少なくないはずです。私もその1人でした。子どもが生まれる前からお腹の中にいる赤ちゃんに絵本を読んであげているママもいれば、全く読ませていないというママもいました。私も本屋さんに絵本を選びに行きましたが

何を買って良いかわからず、子どもが生まれてから興味を持ったら読ませてあげようと思っていました。しかし、興味を持ってからだと遅いんだと気付きました。興味を持たせるか持たせないかはママ次第です。絵本は赤ちゃんが4カ月ごろから聞かせてあげると良いと保育士さんに言われました。なので、何冊か有名な絵本を買い、子どもが喜んだ絵本を紹介します。それは「いないいないばあ」です。絵がとってもシュールで子ども向けではないのかなと最初思ったのですが、とんでもない。読んであげると興奮しながら喜んでいました。文章も短いので読み方を工夫すると、読んであげるママもとっても面白いですし、子どもにとってもとても面白くなります。4カ月ごろからいないいないばあを読んでいますが、その他の絵本もとっても大好きになりました。

でも、いないいないばあは小さい赤ちゃんの頃から読める絵本なのでとってもオススメです。夜寝る前やお昼寝の前にベッドにゴロンとさせてゆっくりいないいないばあを読んであげるとぐずっていた我が子も自然と笑顔になります。いないいないばあは私にとっても子どもとっても魔法のような絵本です。